Winner's Lab ふれあい掲示板

601896
日頃の驚き、疑問、要望、愚痴など、演技に関することならどなたでも自由に書き込んでくださいね!携帯完全対応!
尚、迷惑な書き込み防止の為「投稿禁止ワード」が設定してあります。偶然それに引っかかってしまうことがありますので、ご注意ください。

*不特定多数の方が訪れる掲示板ですので、本名、ホームページURL、アドレスなど、個人情報は書き込まれないようお願いします。

9月&10月の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/09/07 (Mon) 12:36:22
*.bbtec.net

9月6日の日曜レッスン

https://vimeo.com/455273332

今日は「卵と電池の見分け方」でまたサドンデスをやりました。

なんと、今日はパーフェクト!全員一回で合格しました。今までで初めてのことかもしれません。

今回の話題はとても身近だったので、覚えやすかったですね。仕事ではこういうことはめったにありません。

自分の興味のない話題でも、知らなかった分野でも、「データ」をしっかり集めて「知ってるつもり」になって、今回のように自信持って伝えましょう!

それができないと「演技」はできません。演技はそれができて初めて「役」になれるのですから。

9月13日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/09/14 (Mon) 22:25:24
*.bbtec.net

https://vimeo.com/457751007

今日はまず、「世界を創ってそこにいる」という演技の基本中の基本に付いてお話ししました。

「やり方」はとてもシンプルです、説明がそのままやり方ですから。しかし、できない人にはホントに難しいことです。

なぜ難しいのでしょう?

それは「やること」に一生懸命になるからです。「やること」に注意が向けば、「やろうとしている人」がそこに見え、結果「不自然」になります。

そこが「リアルで自然な演技」の罠なのです。「やること」ではなく「結果」をイメージし、それに注意を向けましょう。

いわば、「時間と空間を操る」のです。それが自然な演技、なのです。

「そんなのできない、超能力者じゃないんだから」とか言われます。そう、まさに超能力者になるのです!そこにない風景や声や風を、まるでいまそこにいるように感じるのですから。

みんなそうしているのですよ。そのことに速く気付きましょう。気付けばとても簡単です。気付けず遠回りをしている人はできないのを「誰かのせい」にしています。

自分で全責任を持って「結果」をそこに創るのです。その覚悟と勇気、それだけで演技はできます。

見つけ出してくださいね!

サドンデスは「ファッションブランド」でやりました。私にはチンプンカンプンなので、皆さんでやってもらいました。とてもうまくできていましたね!

9月22日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/09/22 (Tue) 16:20:40
*.bbtec.net

https://vimeo.com/460451038

今日は、「イグノーベル賞」「ベクトルとイメージ風船」でサドンデスをやりました。

サドンデスがうまくできると、演技は必ず良くなります。そしてこれは家で自分で訓練できることです。いろんな話題で台本を作って、家でカメラに向かってやってみてくださいね。自分でやってみるときっと大きな発見があると思いますよ。

後半は「笑顔よ笑顔」をやりました。「その人としてその世界を見る」それが演技です。それ以外は演技ではありません。その違いをしっかり見極めてくださいね。

それができれば、その台本を演じるとき、自分になにが必要かが瞬時に分かりますよ。

9月27日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/09/28 (Mon) 16:24:20
*.bbtec.net

https://vimeo.com/462525551

今日最初の方、ビデオカメラの調子が悪くて暗く映ってしまいました。NDフィルターがオンになっていたようです。お騒がせしました。

最初サドンデスは「ピエンって中国語でなんて言うか知ってる?」です。私は「ぴえん」を知らなかったのですが,悲しいことを表す若者言葉だそうですね。で、さらに悲しいとぱおんだそうですね。さっそく日常生活で使っています。

演技は「アメリカいくんだ」をやりました。
簡単ですが、うまく見せるにはちょっとコツのいるシーンです。怒ったり笑ったりの激しい演技の方が「プロの演技」としては簡単です。静かな演技の方がうまく演じないと粗が目立ってしまうのですね。

その理由は、唯一「目的」です。「なにがしたいか?」をつかめてないと静かな演技はただセリフを言うだけになります。激しいシーンでも静かなシーンでもその中に強い「したい!」が必要です。そして、それさえ見つかれば演技は簡単なのです。

10月4日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/10/05 (Mon) 14:13:43
*.bbtec.net

https://vimeo.com/464876737

今日は、一番始めにSくんの「動画オーディション」の台本をみんなでやりました。

「動画オーディション」の目標は明確です。今まで何万本も見てきた「実際のドラマ映像」と同じクオリティーです。

もちろん機材的には不可能です。でも近づけることはできますし、演技的にはいろんな制約が逆にないので「本番より素晴らしい演技」の映像を撮ることも可能です。

納得いくまで何度でもとることが可能です。基本をしっかり押さえて、誰が見ても「素晴らしい!」と言われる演技動画を創り上げてくださいね!

10月11日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/10/13 (Tue) 01:46:16
*.bbtec.net

https://vimeo.com/467419091

今日は秋の学校行事がいろいろとあったからか、少なかったですね。

演技で最も重要なものは「そこから逃げない」こと、つまり勇気です。人はいろんな理由を付けてそこから逃げてしまいます。「逃げないなんて普通じゃない」とか思っています。

そう、普通じゃないことをやるのが演技なのです!そこからにげてはいけません!逃げずにただ「そこにいる」それだけでとても魅力的な演技ができるのです。

10月19日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/10/19 (Mon) 20:02:17
*.bbtec.net

https://vimeo.com/469689298

この仕事を「仕事」としてやっていくには、笑顔が何より重要です。
一目で「一般人ではない!」と感じさせる笑顔、それを手に入れることこそ、多くの俳優を目指す人にとって最優先事項です。


まあそれがわかるのは、実際にいくつも仕事したり、仕事に落ちたりしてからなので、仕事やる前にそれを厳しく言っても「なにそれ?おいしいの?」ってなもんでしょう。

そういうプロ意識のない人が、仕事をやるにつれどんどん変わっていくのを見るのは、なかなか面白いものがあります。逆に言えば、笑顔が中途半端なうちは仕事の話しさえないのです。

自分でそれを理解して、しっかり毎日生活の中で練習してくださいね。

笑顔の筋トレやストレッチだけではダメです。「笑顔溢れる楽しい世界」をそこに創り出しましょう。創造するのが難しかったら、環境を変えましょう!

それが一番の仕事への近道です。

10月25日の日曜レッスン - ウィナーズラボ

2020/10/26 (Mon) 02:07:42
*.bbtec.net

https://vimeo.com/471944077

今日は、「ECC」でサドンデスをやりました。音声を聞いただけで覚えてもらいました。

「覚える」ということに不安を抱いてはいけません!それは陸上選手が走ること、水泳選手が泳ぐことと同じ「当たり前のこと」なのです。どんどんいろんなものを覚えていきましょう!

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.