Winner's Lab ふれあい掲示板

348660
日頃の驚き、疑問、要望、愚痴など、演技に関することならどなたでも自由に書き込んでくださいね!携帯完全対応!
尚、迷惑な書き込み防止の為「投稿禁止ワード」が設定してあります。偶然それに引っかかってしまうことがありますので、ご注意ください。

*不特定多数の方が訪れる掲示板ですので、本名、ホームページURL、アドレスなど、個人情報は書き込まれないようお願いします。

7月&8月の日曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】

2017/07/03 (Mon) 02:48:33
*.bbtec.net

7月2日のレッスン
https://vimeo.com/223956407

今日は、基本をやってから、Hさんのオーディション対策をやって、基本レッスン課題、コミュニケーションドリル、「あなたには失望した」をやりました。

演技訓練やオーディションの際に、「チェックされてる」と受け身になってしまうことはよくあります。そうなると、もう緊張が身体を襲って様々な「逃げる為の考え」に意識が向いてしまいます。

たとえどんな状態であっても、必ず「サービス」を考えましょう。もっと面白く、もっと感動的に、もっと笑えるように、もっと美しく・・・そう考えるのです。

それが目的となって、始めて「創意工夫」が生まれてくるのです。サービス向上の目的がなければ、ありとあらゆる努力は無駄に終わってしまいます。

演技訓練とは「サービス向上委員会」です。その研究の中に参加して、アイデアをどんどん出していって下さいね。

7月9日の日曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】

2017/07/10 (Mon) 11:00:52
*.bbtec.net

https://vimeo.com/224834352

今日は、Mさんのオーディション台本をみんなでやりました。

いつも言うように、「台本の理解」と「面白さ」がドラマオーディション突破の鍵です。

台本を書いた人は、その役が何を「したい!」と思っているか?を、ハッキリとそこに書き記しています。それを理解して、それをそこで表すのです。

自分の考えでなく、作者の意図を理解して、それをまるで「自分で考えている」ようにそこに表すことができれば、プロの俳優です。

いろんな選択肢があって、迷うことも多いと思いますが、「これだ!」としっかりと決めつけて演じられたなら、たとえもしそれがズレていたとしても、そこには「魅力的な人物」が現れます。

そして、「じゃあもうちょっとこういう感じでやってみて」とアドバイスが入り、だんだんと「求められる役」に近づいていけるのです。

「したい!」があいまいなままやっていたら、その「擦り合わせ」作業がいつまで経ってもできません。


勇気を持って、自分が「これだ!」と思ったものをまずやってみましょう!たいていの場合、それがその場での「正解」となるのです。

7月16日の日曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】

2017/07/17 (Mon) 17:50:55
*.bbtec.net

https://vimeo.com/225734671

今日は、久々に「生きる」をやりました。
これは確実にワンランクアップできる訓練です。この詩の中に演技に必要な要素が詰まっているのです。

この詩を暗唱するだけの映画オーディションなどもたまに行われています。この夏、着実に自分のものにできるようチャレンジして下さいね。

その後は、「宿題やったきた?」をやりました。

ストッピングをどこにいれるか?

それこそが、「演技センス」を判断する鍵になります。観客に物語を伝え、「面白い演技」を行う為に、シーンにはたいてい「ストッピング」が入る場所があります。

それこそが観客を一気に物語の中に引き込む鍵となるのです。ぜひそのセンスを身につけて下さいね。オーディションでも必ず役立ちます。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.