Winner's Lab ふれあい掲示板

351452
日頃の驚き、疑問、要望、愚痴など、演技に関することならどなたでも自由に書き込んでくださいね!携帯完全対応!
尚、迷惑な書き込み防止の為「投稿禁止ワード」が設定してあります。偶然それに引っかかってしまうことがありますので、ご注意ください。

*不特定多数の方が訪れる掲示板ですので、本名、ホームページURL、アドレスなど、個人情報は書き込まれないようお願いします。

演技のソルフェージュについて - 日比谷公園

2016/08/09 (Tue) 22:42:50
*.openmobile.ne.jp

こんばんは。
私、テキストにありました「演技のソルフェージュ」を毎日10分ずつ、やって、演技の勉強をしているところです。
ところで、わからないところがありまして、質問させてください。

①ト書きについてですが、動きをいちいち書いていくときりがないし、といってどの動きを書けばいいのかもはっきりしません。どれくらいト書きを書けばいいかとか、これだけは書いた方がいいというのがあれば、教えてください。

②一つの作品を連続してやっていった方がいいのでしょうか?それとも、ジャンルも作品も変えて、いろいろな作品をやった方がいいのでしょうか?

すみません、ご教示いただけたら、さいわいです。

Re: 演技のソルフェージュについて - 【ウィナーズ☆ラボ】岸田

2016/08/09 (Tue) 23:49:10
*.bbtec.net

日比谷公園様

ご質問ありがとうございます。

「演技のソルフェージュ」、つまり実際のドラマや映画などから「台本」を自分で書き起こし、それを演じてみるという訓練は、演技を学ぶ上で、特に初期段階ではとても効果的な訓練です。

「ト書き」は、おっしゃる通り全て書くと大変ですよね?


ドラマなどの完成作品から、「作者の意図」と「役者の工夫」を読み取り、そのプロの仕事を学ぶと言うのがソルフェージュの主目的です。

普通の流れ、つまり「台本」を演じようとすると、それらが最初のうちはわからないのです。

プロの脚本家がどこにポイントを置いて作品を描き、プロの俳優がそれを効果的に伝えるため、どのように演じているか?そこにポイントを置いて「ト書き」を書き出して見るといいと思います。

鍵となるのは「何がどう面白いのか?」です。

たとえば、A太に親友から「お前、あの子に告白しないならオレが取っちゃうよ」とラインで連絡が来たというシーンで、

(ト書き)
A太、スマホの画面から顔を上げ空間を見つめる、ふと我にかえり、机の上の書き掛けの手紙を見つめ、それをくしゃくしゃに丸める。

などと、ト書きを書けば、A太の心情が手に取るように伝わります。


つまり、映像演技では「セリフ」そのものはタダの状況説明に過ぎないのです。要するに「ナレーション」みたいなものです。

言葉ではなく、「画(動きや情景)」で、心情や状況を観客にわからせることによって、観客は「その作品の世界」に入り込むことができるのです。

そういう状況、情景、心情、事情などがわかる部分の「ト書き」を書いておくといいですね。

ちょっと実例を見ながらでないので、説明がわかりにくいかもしれませんが、「セリフでは伝えきれない物語の要素」こそが、「ト書き」です。

観客目線で、「その作品の世界に入り込める」ということが重要です。そこから逆算して「正解」を見つけていって下さいね。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.