Winner's Lab ふれあい掲示板

355080
日頃の驚き、疑問、要望、愚痴など、演技に関することならどなたでも自由に書き込んでくださいね!携帯完全対応!
尚、迷惑な書き込み防止の為「投稿禁止ワード」が設定してあります。偶然それに引っかかってしまうことがありますので、ご注意ください。

*不特定多数の方が訪れる掲示板ですので、本名、ホームページURL、アドレスなど、個人情報は書き込まれないようお願いします。

1月&2月の木曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】岸田

2016/01/15 (Fri) 04:13:02
*.ocn.ne.jp

https://vimeo.com/151813180

今日は、「早速手術中!」を途中までやって、「ホカベン」を久々にやりました。

実際の現場で、初心者が最初に戸惑うのは、感情表現などでなく「活舌」です。

詰まったり、噛んだりしたら、それで終わってしまうのです。そしてそれをきにするあまり結局他のことがまったく意識できないまま、中途半端で終わってしまいます。

活舌はできる人は全く訓練する必要はありませんが、噛みがちな人は、完璧な自信が持てるまでいろんな方法で訓練しておく必要があります。

「実践訓練編」にいろいろ載せてあるのでそれでチェックしてみて下さいね。

「ホカベン」では、「ストッピング」を主にチェックしました。これは一度やるだけでいきなりそこに「ドラマ空間」が出現すると言うとても美味しいテクニックです。ぜひ習熟して自分のものにして下さいね。

1月21日の木曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】岸田

2016/01/22 (Fri) 16:04:09
*.ocn.ne.jp

https://vimeo.com/152601970

今、「演技の7つの基本フォーム」を固めています。
その7つを習得すれば、「リアルで自然な演技」ができるというものです。

「自然な演技なのに、フォームが必要?」と思われるかもしれません。

確かにインタビューなど受けるのでしたら、「よし、まずフォームを固めて」などとは考えませんよね?自由に動いて発言することができます。

しかし、これは台本の内容を理解し、その役をしっかりと「伝えるためのフォーム」なのです。

結果的に「リアルで自然」には見えますが、そこには「フォーム」が実は不可欠なのです。

水泳や100m競争のようなものですね。遊びで泳いだリ走ったりするなら、フォームなど気にせず自由にできます。しかし、「ゴールまで最短で到達する」という目的を持ったなら、必ず「基本フォーム」が必要となるのです。

今日は人数が少なかったので、そのフォームを実践してもらいました。目的が明確なのでとても楽しくできたと思います。

皆さんにもそのうちやってもらいたいと思いますので、ぜひ習熟して下さいね。

1月26日の木曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】岸田

2016/01/29 (Fri) 00:57:15
*.ocn.ne.jp

https://vimeo.com/153367173

先週から「演技の7つの基本フォーム」をやっています。これはとてもわかりやすいと思いますので、みなさん、習熟して下さいね。

いい加減なものではなく、これをマスターすれば、オーディション合格率は確実にアップ間違い無し!です。合格者が行っている方法がこれなのですから。

基本フォームマスターになった方には、何らかの「認定証」も出そうかな?なんて考えています。

どんなものがいいか、アイデアがあったら教えて下さい!

2月25日の木曜レッスン - 【ウィナーズ☆ラボ】岸田

2016/02/26 (Fri) 13:45:16
*.ocn.ne.jp

https://vimeo.com/156798003

どんな時にも欲しいものは唯一「結果」です。

それに繋がらないもの、それを基準としていないものはどうでもいいのです。

演技は「人」が表現手段ですので、よくそれ自体を云々されます。「その性格直さないと、芝居よくならねえよ!」とか。

そんなこと、ホントにどうでもいいのです。人格破綻者だろうが何だろうが、素晴らしい演技を見せてくれさえすれば、プロとしては合格です。

結果を生み出しましょう!その方法に注意を向けましょう!雑音をスルーしましょう!

それこそが向上の近道です。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.